繊細系女子のバレー備忘録

ゆるくまったり楽しんで

HSP気質を持つオタクあるある

f:id:roughraku:20210328175204p:plain

 

繊細系バレーオタクのちづるです。

 

HSPという人一倍敏感な気質を持つがゆえに

オタ活をしていく上で様々なことが気になって

しまいます。

 

そんな1オタクの行き過ぎた気遣いに

基づく行動をお話していければと思います。

 

きっと一般の気質の方が見たら

「そこまで気にするか?!」と

思いかねないこともあるかもしれません。

 

共感いただければとても嬉しいです。

 

 

『目次』

 

 

 

HSP気質を持つオタクの行動8パターン

 ①行く前にあれこれ悩む

 ②念入りに計画を立てる

 ③とにかく荷物が多い

 ④公共交通機関に気を払いすぎる

 ⑤会場の席に一定の間隔があると安心する

 ⑥感情の振れ幅が激しい

 ⑦空腹になるのを防ぐ

 ⑧帰ってからの疲れが尋常でない

 

    初めにお話してしまいますが、

  画面越しに観戦する方が断然気疲れしないので

    性に合う。

 

 アーカイブが残ればいつだって観れるし、

 遠征にはつきものの移動手段や計画を

    考えることもありません。

 

 ですが、それでは物足りないし

 時間と予算があれば現地に行くべきです。

 

 何より自分の経験とその瞬間しかない光景を

 目の当たりにすることがオタクの信条でもあります。

 

 それでも現地に馳せ参じたいオタクのあるあるです。

 

 

 ①行く前にあれこれ悩む

          とにかく悩みます。

          それはチケットの購入から始まります。

 

          この会場はどこが1番見やすいかとか、

          アリーナ席段差無しで見づらかったら

          どうしようなど、

          取り越し苦労レベルで考えます。

 

          いざ現地に行くことが決まったら、

          日が近づくにつれて考え込み、

          1周回って「行きたくない…」の心理に

          陥ります。

 

          気疲れを行く前から感じてしまうから。

 

          物事を深く考え込むHSPの特徴が

          出ています。

 

 

 ②念入りに計画を立てる

          これもあれこれ考えるところが

          出ています。

 

          何時までに着かねばとか、

          食事の時間はいつにするかとか、

          スケジュールを立てないと

          気が済まないです。

 

          それがその通り、もしくは

          スケジュールよりも

          早い時間に済めばとても嬉しくなる…

 

          物事がスムーズに行くと落ち着きます。

 

 

 ③とにかく荷物が多い

          HSP気質を持っていると、自然と

         リスク回避能力が高くなるように

          感じます。

 

         あらゆる場面を考えてあれもこれも

         持っていくクセがあるため、

         バッグをパンパンにしがちです。

 

         今年は荷物を減らしたいな~と

         個人的に目標にしています。

 

         ちなみに、バッグはリュックか

         ショルダーバッグがいいですね。

         できれば多機能性のあるもの…

 

 

 ④公共交通機関に気を払いすぎる

         公共交通機関の利用は気遣いを

         フル活用する場所です。

 

         私は遠くの会場に行く時、

         決まって新幹線を利用しますが、

         新幹線の席の肘置きをどっちが使うか

         とても気を遣います。

         あと、コンセントも使って良いかどうか…

 

         一言聞けばいい話ですが、

         それすらためらう節があるため

         折り合いが難しいです。

         

         ちなみに、飛行機もバスも苦手です。

         そもそも不向きなのでは感ありますが、

         マイカーを持っていないので

         上手く疲れにくい手段を考えながら

         移動しています。

 

 ⑤会場の席に一定の間隔があると安心する

         これはもしかしたら私だけかも

         しれませんが…

 

         私自身パーソナルスペースが広く、

         隣の人とのスペースに一定の間隔が

         ないと気になってしまいます。

 

         今はソーシャルディスタンスで

         1席空けての配置だったり、

         指定席が増えるなど、

         今の会場の席の配置は精神的に

         疲れにくいです。

       

        会場によっては長椅子に仕切りがあるだけの

        席が設けられていたりするので、

        そういった種類の席は

        避けるようにしています。

 

 

 ⑥感情の振れ幅が激しい

          これは共感力が高いHSPの特徴を

          刺激される部分です。

 

          常に心が落ち着かなくなるので、

          1人で観戦する際は

          少々気をつかってしまいます

          (これも気質が現れている部分)。

 

          自然とモーションが付くので、

          オーバーにならないようにしたいですね。

    

 

 ⑦空腹になるのを防ぐ

         HSPは空腹になると機嫌が悪く

         なりやすいです。

 

         そのため、すぐつまめるお菓子を

         持っていくのですが…

         今は会場内の飲食が禁止に

         なっているので

         観戦中に食すことが

         できなくなってしまいました

         (感染防止対策…)。

  

         試合前後に食べられるように

         工夫をするようにしています。

 

 

 ⑧帰ってからの疲れが尋常でない

         これまで①~⑦を踏まえて

         気疲れはピークに達しているため、

         かなりくたくたです。

         

         こういうときは

          「1人になりたい…」と思うくらいに

          なります。

 

         この点でもいかに1人の時間を

         作れるかが重要になるので、

         誰かと一緒に宿泊…となると

         工夫が必要ですね。

  

         それくらい、気疲れからくる

         疲労は大きいです。

 

 

 

気疲れ <  楽しいオタ活を送るために

ここで話したことは日常生活や普段のお出かけでも

同じことを考えます。

 

そのため、

いかにして疲れを最小限に留めながら楽しむか

これにつきます。

 

なので私の場合、観戦は配信などの

映像をメインにして、

余力があれば現地に行くように心がけています。

 

自分の力が余ってなければ

いざ行っても楽しめないですしね。

 

私と同じ気質を持つオタクの皆様は

どうやって楽しんでいるか気になるところです。

 

今後も自分と付き合いながら、

好きなことに力を入れていきます。